プレートの境界①~広がる境界~

地形環境
スポンサーリンク

前回、

プレートとプレートのつなぎ目のところで、
さまざまな変動が起こります。

とお伝えしました。

プレートテクトニクス理論とは?
1枚1枚のプレートが、マントル対流の上に乗っていて、 少しずつわずかに動いている。これがプレートテクトニクス理論です。

今回はそのうちの1つ、
広がる境界について見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

広がる境界

プレートとプレートが離れていくケースの境界を
広がる境界といいます。

海嶺

海洋プレートの境界が広がる場合、
断裂して広がって形成された隙間に、
地下のマントル対流のマグマが吹き出してくるわけです。

そうすると、海の底に火山活動が起こり、
火山ができます。

この海底山脈海嶺(かいれい)といいます。

海嶺の一覧

  • 大西洋中央海嶺
  • インド洋南西海嶺
  • インド洋中央海嶺
  • インド洋南東海嶺
  • 太平洋南極海嶺
  • 東太平洋海嶺

地溝

広がる境界が大陸中にあると、
陸地に溝ができます。

これを地溝(ちこう)といいます。

地溝の分布

アフリカ大地溝帯

アフリカの東部には、
大きな地溝帯があります。

これをアフリカ大地溝帯といいます。

地味に広がっていっていますので、
いずれはアフリカは大陸は2つに切り離されるでしょう。

そうして、この地溝帯より東側は島になると言われています。

また、
地溝には、水がたまり、湖となっているケースもあります。
その場合は、断層湖といい、

  • タンガニーカ湖
  • マラウイ湖

なども断層湖の代表例です。

アイスランド

アイスランドは大西洋中央海嶺上に位置します。
火山活動でできた島で、温泉もあります。

マグマを利用できているので、
近年は、地熱発電の割合が20%を超えます。

 

地形環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
bellyanをフォローする
スポンサーリンク
地理への扉

コメント