小地形~侵食平野~

地形環境
スポンサーリンク

今までは大地形の話を、
この「地形環境」カテゴリでは話してきました。

(とはいえ、褶曲山脈などの話はできていませんが…)

ここからは小地形のお話です。

はじめにまとめるのは、
「侵食平野」です。
侵食平野について見ていきましょう。

スポンサーリンク

侵食?浸食?

侵食とは?

徐々に侵すこと

google 変換予測より

浸食とは?

水などが徐々に土を削ること。「海岸が浸食されていく。」

google 変換予測より

ということで、本来は、
浸食という字を書いていましたが、
現在では、侵食という字をあてます。

侵食平野の分類

侵食平野には大きく分けて次の2種類があります。

  • 準平原
  • 構造平野

の2種類です。

大地形~安定陸塊~
先カンブリア時代に造山運動を受け、 古生代以降は緩やかな造陸運動だけを 受けた地域を安定陸塊(あんていりくかい)といいます。

において、楯状地と卓状地の話をしましたが、
この楯状地と卓状地の上に作られた平野が、
準平原や構造平野です。

これも例外があります。

一般的に

  • 準平原→楯状地
  • 構造平野→卓状地

の上に形成されやすいです。

準平原

準平原(じゅんへいげん)は、
さまざまま侵食作用を受けて、
平坦な土地になった
山地の最後です。

若いときはエベレストだった地形も
老いると丸くなって、最後にはなくなってしまう。
生命と同じようなものを感じます。

上図の茶色の部分が、
準平原です。波打つ平原ともいわれます。

残丘(モナドノック)

侵食から取り残された山の体をなすものを、
残丘(ざんきゅう)またはモナドノックといいます。

準平原の例

  • 遼東半島(リャオトン半島)
  • 山東半島(シャントン半島)

構造平野

工事中

地形環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
bellyanをフォローする
スポンサーリンク
地理への扉

コメント