構造平野~ケスタ・メサ・ビュート~

地形環境
スポンサーリンク

スポンサーリンク

構造平野とは?

水平な地層が幾重にも積み重なってできた平野です。

メサとビュート

構造平野は
地層が侵食を受けて
少し変な地形を見せるときがあります。

侵食を受けにくい硬層が残されて、
軟層だけが侵食を受けていく場合があります。

という訳で、
細長い山のようなものが残ってしまいます。

これの頂きが狭いものを
ビュートといいます。

頂の部分が広く机状になっているものを、
メサといいます。

ケスタ

構造平野の周辺で、
地層がやや斜めに傾いている場合、
軟層が主に削られて、
硬い所は残ってしまいます。

そういう侵食を受けて、
その地形が階段状になってしまうという訳です。

これをケスタといいます。

ケスタとシャンペン

ケスタ地形の代表的な地域として、
ロンドン盆地パリ盆地があげられます。

今回はパリ盆地の中でも、
詳細な地名を1つあげておきます。

パリの東部には、
シャンパーニュ地方というところがあります。

 ここにはシャンパーニュケスタと呼ばれる
ケスタ地形が見られます。

シャンパーニュというのは、
シャンペンというお酒の語源となっている地名です。

フランスといえばワインの名産地です。
泡のでるワインのことをシャンパンといいます。

パリ郊外のシャンパーニュ地方は、
そういったシャンペンの原料となるブドウの産地です。

ケスタの斜面を利用して
ブドウの栽培をしています。

ブドウは水はけのいい土地を好むので、
このような斜面は好都合な訳です。

地形環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
bellyanをフォローする
スポンサーリンク
地理への扉

コメント