オアシス農業

スポンサーリンク
世界の農業地域、林業・水産業
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

オアシス農業とは?

オアシス農業とはその名の通り、
砂漠の中のオアシスや、
地下水や湧水、外来河川や内陸河川などの河川を
利用して行う灌漑農業の1種です。

オアシス農業の分布

オアシス農業は、
砂漠気候にみられます。

特に

  • 中央アジア
  • 西アジア
  • 北アフリカ

などで見られます。

灌漑農業とは?

砂漠には水がないので、通常、農業は行なえませんが、
場所によっては、水を得るとができます。
農業用水を得る方法を灌漑農業といいます。

オアシス農業の分類

オアシス農業は、
灌漑農業の方法によって
次の3つに分類されます。

  • 湧泉オアシス
  • 外来河川オアシス
  • 地下水路オアシス

の3種類です。

湧泉オアシス

湧泉とは?

湧泉とは、
湧き出る水のことで、
狭義のオアシスは湧き水のことです。

外来河川オアシス

外来河川とは?

外来河川とは、
多雨地帯を水源とする川で、
下流で乾燥地帯を流れる川のことです。

外来河川の例
  • ナイル川
  • チグリス川・ユーフラテス川

地下水路オアシス

地下水路とは?

地下水路とは、
山岳地帯に降った雨を
暑い地表を通さず蒸発させずに
平地まで運ぶために人間が人工的に建設したものです。

主に山麓に形成される扇状地の地下において作られるます。

地下水路の例

  • イランのカナート
  • アフガニスタンのカレーズ
  • 北アフリカのフォガラ
  • 中国のカンアルチン(坎児井)

オアシス農業の栽培作物

綿花や小麦、ナツメヤシが中心です。

ナイル川下流域など一部では、
米も栽培しています。

エジプトは農地が国土面積の4%しかありません。
しかも、ほとんどがナイル川沿いです。

ナイル川下流域は円弧状三角州が発達しており、
そこで広く農業が行われています。

三角州(デルタ)-鳥趾状三角州・円弧状三角州・カスプ状三角州-
三角州は、以前、 におきまして、 三角州の概略はお伝えしたかと思いますが、 あっさりしすぎているので、 今回は詳しく書いていきたいと思います。 それでは、 よろしくおねがいします。 三角州とは? 河川が海に流...

エジプトはナツメヤシの生産量が
世界最大です。

コメント

ja 日本語