企業的農牧業②企業的牧畜業

スポンサーリンク
世界の農業地域、林業・水産業
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

企業的牧畜の成立

ヨーロッパの土地利用の集約化に伴い、牧畜業は行き詰まりました、

都市人口の増加に比例し、生活水準が向上し畜産物の需要が高まりました。

そこで新大陸の半乾燥地域で発達した肉牛や羊の大規模の牧畜を行うことで肉類や羊毛や皮皮などの畜産物の生産をヨーロッパ市場向けの販売を目指して発達しました。

企業的牧畜の発達過程

新大陸の半乾燥地域は降水量が多ければ小麦を栽培できるので企業的穀物農業と企業的牧畜はほぼ釣合って発達しました。

企業的農牧業①企業的穀物農業
企業的穀物農業の成立 企業的穀物農業は産業革命の時代に登場しました。 蒸気機関の利用で ヨーロッパ市場向けの 小麦の栽培から発達した農業のことを言います。 現在でも小麦の単一栽培が盛んで そのほとんどが商業用として流通し...

更に内陸部から沿岸部まで短時間で輸送する鉄道、牧場の方コイン利用した有刺鉄線などの開発も牧畜を発達させる要因のひとつでした。

冷凍船が就航することで高鮮度を保ったまま移送できるようになりましたコールドチェーンの海上輸送版です。

企業的牧畜業の特色

大規模経営が行われており作業も機械化が行われ労働生産が極めて高いです。半面収益が景気の動向に左右されやすく、小さい規模の農家は生き残りにくいのが現状です。

企業的牧畜業の主要地域

  • アメリカ合衆国のグレートプレーンズ
    (フィードロットと呼ばれる施設が有名)
  • アルゼンチンのパンパ、パタゴニア
  • オーストラリアの大鑽井盆地
  • ニュージーランド南島東洋部
  • ブラジルのリャノ、カンポ

コメント