ドイツの自然地形

スポンサーリンク
ドイツ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ドイツの地形の特徴

ドイツはかつて氷食の影響を受けたことから、
高緯度になるにつれ、
低く、平地状になっています。

ドイツの緯度別地形の特徴

ドイツ北部の特徴

ドイツの北部では、
氷河性の堆積物が多く、
ハイデと呼ばれる痩せ地が広がっています。

ドイツ中央部の特徴

中央部では、古期造山帯や丘陵地、残丘などが分布していて、
複雑な地形になっています。

ドイツ南部の特徴

ドイツ南部では、南側にそびえるアルプス山脈の影響で、
中央部と比べると比較的標高の高い丘陵地があります。

ドイツの自然的国境

自然的国境
領土の問題を考えるときに、 国と国の境をどう決めるかというのは、 大切な問題ですね。 国と国の関係を人と人との関係に置き換えると、 家と家の間をどうやって決めるかというのに、 近いかと思われます。 私たち日本人が住んでい...

東のポーランドとの国境にはオーデル川が国境河川として存在しています。
東南のチェコとはベーマ―ヴァルト(森)やエルツ川が国境です。

ドイツの川

ドイツには

  • ライン川
  • ドナウ川
  • エルベ川

などの国際河川や

  • エムス川
  • ヴェーザー川

などの主要河川が流れています。

特に、

  • エルベ川
  • エムス川
  • ヴェーザー川

の河口付近にはエスチュアリーが形成されています。

また、国際河川は、
それぞれ支流がたくさんあり、
支流同士は運河で結び付けられ、
ドイツ国内の重要な交通網としての機能をもちます。

コメント

ja 日本語