フランスの自然地形

スポンサーリンク
フランス
この記事は約2分で読めます。

フランスは西ヨーロッパに位置し、
ヨーロッパ最大の国土面積を誇る国。

ギアナ、マルティニーク、ニューカレドニアなど、
海外領土を含めると64.1万km2となる。

フランス本土だけでも唯一ヨーロッパで日本よりも大きい国として知られる。

スポンサーリンク

フランスの山

アルプス山脈やジュラ山脈、ピレネー山脈という
大きく分けて2つのアルプス・ヒマラヤ造山帯に囲まれています。

大地形-新期造山帯-アルプスヒマラヤ造山帯(山系)
新期造山帯は、 中生代から新生代にかけて 造山運動を受けて形成された山地群でしたね。 新期造山帯には、 アルプス・ヒマラヤ造山帯 環太平洋造山帯 の2つだけが地球上に現在存在しています。 今回は...

アルプス山脈はイタリアと、
ジュラ山脈はスイスと、
ピレネー山脈はスペインとの国境山脈となっている。

また、古期造山帯のヴォージュ山脈はドイツとの国境山脈として知られる。

大地形~古期造山帯~
古生代に激しい造山運動を受け、その後侵食された山地を古期造山帯(こきぞうざんたい)といいます。 古期造山帯とは古生代に大褶曲山地となったものです。 その後侵食されて、高度を下げました。 第三紀に断層作用による断裂を受けています。
地理学と地域を考える
地理学の目的 地理学の目的は地域性を理解することにあります。 地域性とは? 地域性とは、単純に空間的な拡がりだけではなく、 地域の個性そのものです。 地域の個性とは? 地域の個性とは、自然や文化として表されているもので、 その...

フランスの最高峰はモンブラン。
モンブランはアルプス山脈の山で、
ヨーロッパで一番高い山として有名です。

パリ盆地とケスタ地形

フランスの国土は、
北西に向けて緩やかに傾斜している。

首都パリ周辺に広がる、
パリ盆地では、ケスタ地形が形成されている。

そのため、ぶどう栽培が行われている。

構造平野~ケスタ・メサ・ビュート~
構造平野は地層が侵食を受けて少し変な地形を見せるときがあります。侵食を受けにくい硬層が残されて、軟層だけが侵食を受けていく場合があります。という訳で、細長い山のようなものが残ってしまいます。これの頂が狭いものをビュートといいます。頂の部分が広く机状になっているものを、メサといいます。構造平野の周辺で地層がやや斜めに傾いている場合、軟層が主に削られて、硬い所は残ってしまいます。そういう侵食を受けてその地形が階段状になってしまうという訳です。これをケスタといいます。

フランスのワインはボルドーワインなどをはじめ、
世界的に有名です。

フランスの河川

セーヌ川やロアール川、ガロンヌ川などは、
大西洋へと流れ込み、
ローヌ川など東部の河川は、
サントラル高地とアルプス山脈に挟まれ、
地中海へと流れ込む。

それぞれの河川では
エスチュアリーが形成されている。

河川は人工的な川である運河によって接続され、
フランス国内の水運は重要な交通網となっています。

コメント

ja 日本語