商業的混合農業(混合農業)-作物栽培と家畜飼育を組み合わせた農業

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

混合農業の特徴

混合農業とは
作物栽培と家畜飼育を組み合わせた農業のことです。

三圃式農業から発展した農業です。

中世ヨーロッパの三圃式農業
三圃式農業とは 三圃式農業の行われる場所はヨーロッパが舞台です。 中世の北西ヨーロッパでは農地を 夏作地(大麦・えん麦) 冬作地(小麦・ライ麦) 休耕地 の三つに区分してこれを1年毎にローテーションさせながら...

小麦やライ麦などの食用作物と
トウモロコシやジャガイモなどの飼料作物を輪作して
肉牛や豚などの家畜飼育を行います。

混合農業の分布と気候

温暖湿潤気候や西岸海洋性気候である、
西ヨーロッパやアメリカ合衆国中西部。

混合農業と小麦

ヨーロッパで生産される穀物は麦類が中心で、
小麦やライ麦は食用
大麦やえん麦は飼料用として
主に利用されます。

ライ麦は小麦栽培が困難な寒冷な気候でも栽培することができ、
ドイツやポーランドなどで栽培が盛んです。

混合農業とジャガイモ

また冷涼な気候を好むじゃがいもも
ドイツやポーランドなどで栽培が盛んです。

ドイツ北部やポーランドは、
大陸氷河に覆われていました。

大陸氷河の侵食によって
表土が削られ、
痩せた土地が広がっています。

芋類は
養分に乏しいやせ地でも
栽培できるため
これらの地域において
ジャガイモの栽培が
盛んになりました。

混合農業:牧畜収入>作物収入

混合農業は、
作物穀物栽培よりも肉牛が豚などの家畜飼育に重点が置かれており、
肉類を市場に主に出荷します。

そのため、作物収入よりも畜産物収入の方が多くなっています。

混合農業と牛肉と豚肉

混合農業が発達する
西ヨーロッパやアメリカ合衆国中西部では
牛肉や豚肉などの生産が盛んに行われています。

コメント

ja 日本語