フランスの農業

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

フランスはEU 諸国の中でも
農地面積と農業生産額において第1位の農業大国となっています。

今回はフランスの農業について見ていきましょう。

スポンサーリンク

フランスの農業の特徴

フランスの農業の特徴は多様性です。

パリ盆地を中心に広がる大穀倉地帯。
西部の集約型畜産地帯。
南部にはぶどうを中心とした地中海式農業地帯。
そして東部の山間地域には酪農家肉牛出自による粗放的な畜産地帯が広がっています。

フランスの農政の特徴

農業団体が政策の決定的に強く関与するコーポラティズムと呼ばれる
農業政策過程が特徴的です。

フランス農業の構造政策

1960年代農業基本法が制定されました。

フランス固有の農業構造政策は推進されました。

  • 農地へのアクセス
  • 農家への就業と引退への介入

です。

農地に関しては特に知られるのが
土地整備農村建設会社(SAFER:サフェール)です。

農地や農業経営を会議で必要な整備を施し転売することを目的とした法人で法律により先買権が付与されています。

つまり、望ましい担い手農地所有を誘導する政策と言えます。

また貸借権の調整には若手農業者の就農支援型症による経営の存続中小経営の規模拡大を目的とし農業者に耕作目的に後移動の際に行政庁の事前許可を必要とする行動規制と呼ばれる制度があり、地域の担い手に農地の集積を進めてきました。

青年農業者育成制度

青年農業者育成制度は数々の助成金や優遇措置により経営者となり得る若手農業者を支援する制度です。

農業経営政策の中核を為す一方で高齢農業者の引退促進は年金給付額の上乗せや早期引退給付等により農地の流動化を促し、世代交代を加速させています。

コメント

  1. 名無し より:

    とても役に立ちました

    • bellyan より:

      そういったコメントを頂き、大変ありがたいです。
      ヨーロッパのフランス以外の農業政策について書くやる気にもなりました。
      ありがとうございます!!嬉しいです!!

$('img[usemap]').rwdImageMaps();