アフターコロナの航空経営 ANA

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

井上社長の声

規制緩和の事前報道の後、
海外からの訪日客の急増

「やった!大変嬉しく思います。コロナ前に戻るんじゃないかと」

アフターコロナが見えてきた

芝田HD社長

「従業員のおかげ。足元の業績は順調に推移してるので、業績見通しを変えない。」

 

コロナ前ほどインバウンド客は戻らないのでは?

「国際線で旺盛な需要は東南アジアとアメリカの路線。マーケットに一番適したブランドをつくる」

業績の黒字化に影響したのは、
貨物収入

コロナ前の3倍以上になりました。

コロナ前の航空輸送特需。
半導体製造装置の輸出で、
売上を伸ばしている。

半導体不足による
航空貨物特需が続いている。

スポンサーリンク

ANAの中期経営計画

多様なニーズの確保

しっかりとした
マーケティングと
事業改革構造をすれば、
変わる

競走馬を運ぶ際に、
獣医や馬主さんが一緒に移動できる
座席もある。

売上をあげているので、
EPSをあげていく。

筋肉質な企業だということが評価される。

芝田社長は、

ネットワーク的な見地からすると、
品揃えを揃えたい。

エアージャパン就航で
ニーズを受け止める

ホワイトスポットを埋める

成長を加速するためには、
国際線。

南米やアフリカや中東などの
ホワイトスポットへの就航が必要。

東南アジアから
日本、
日本から中米
中米から南米への路線も
検討されている。

ANA経済圏

中期経営計画にはANA経済圏もある。

航空事業を柱に据えて、
多角化する。ノンエア事業で
それぞれの成長を促す。

つないでいくしくみ、
プラットフォームをしっかりしていく。

コメント

$('img[usemap]').rwdImageMaps();