スポンサーリンク

下北半島-青森県東部のまさかり半島-

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

下北半島のなりたち

1億5000年前から
下北半島は東部から形成されていきました。

東部が形成された後、
西部から東部へ向けて接続されていきました。

斧の形の半島の、
金属部分と棒の部分は別々に形成されました。

下北半島の西部は
珪質泥岩で形成されています。

泥岩は海底が隆起したため、
見られます。

海へは礫岩砂岩泥岩が順番に堆積したのでしたね。

海産物では、布海苔がとれます。
山から持ってきた岩石で養殖しました。
洗濯のりにも利用されていました。

スポンサーリンク

下北半島のヒバ

東北地方ではヒバという高級木材がとれます。
ヒバは軽くて丈夫な木材として重宝されました。

下北半島のヒバなので、
青森ヒバとも呼ばれています。

ヒバは江戸時代の明暦の大火や、
北海道の開拓のときにも使われました。

露頭

下北半島の付け根部分に露頭という
高さ20mの地形が見られます。

それはホタテなどの貝類の、
貝殻が堆積したものが隆起してできたものです。

下北半島の北部では、
海岸が湾曲しているため、
海流が集まりやすく、留まりやすいので、
栄養分が豊富でホタテなどの養殖が盛んです。

大間のマグロ

北海道が近いため、
大間から5km以内でマグロの生息地になっています。

参考

NHK「ブラタモリ」下北半島
2022年9月24日放送分

コメント