UACJ(世界4位のアルミニウムの会社)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

アルミニウムが多く使われてるのは、
ヨーグルトの蓋やスマートフォンなどに採用されています。

多くの特性をもつため、
採用されています。

軽く、曲がりやすく
99%アルミニウムだと女性の手でも簡単に曲がります。

強度が要る業界だと
マグネシウムなどを混ぜます。

UACJはアルミ板を世界でも4位の立場。
LNG船のタンクに使われています。

UACJはそのシェアを6割を超えています。

アルミ地金は100%輸入しています。
ボーキサイトの取れる地域で加工しています。

それはアルミニウムは3価イオンであるため、
電気分解するときに多くの電力が必要だからです。
ガーナがボーキサイトをアルミニウムの電気分解では有名ですね。
テストによく出ますよ。

石原社長は輸入に100%依存しているため、円安は厳しいと語る。

アルミホイルなどもリサイクルができます。
スクラップから作った再生地金も2000t製造。

輸入した地金と再生地金、端材を混ぜて溶かします。

長さ10m厚さ50cmにしています。

600度に熱したアルミニウムの棒を
熱間圧延機で200mや400mへと薄く伸ばしていきます。

最終的に0.3mmまで薄くのばしています。

 

アルミニウムの6割は缶材でしたが、
最近の電気自動車の流れで増えています。

地金の単価は減少し、
UACJの営業利益は65%縮小すると見られている。

さまざまな世界経済の影響を
アルミニウム業界も減っている。

スポンサーリンク

アルミ箔の新会社

高品質の電池箔をつくり、
世界に勝っていく。

アルミ材の生産能力で、
日本の15倍の能力をもつ中国。

日本製品より3割やすいため、
中国製品が日本市場でも席巻している。

日本政府は2035年までに電気自動車に変えると言っています。

日本の国家安全保障にも繋がるために、
使っている。

協業していく、全員野球をすることが大切だと
UACJの社長は語る。

コメント

$('img[usemap]').rwdImageMaps();