熱帯土壌の地力が低く農業に向かない理由

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

熱帯土壌は農業に向かない土地だと聞いたことはありませんか?

今回は熱帯土壌が農業に向かない理由を述べていきます。

スポンサーリンク

熱帯土壌とは?

熱帯土壌はラトソルや赤色土が分布しています。
酸性に傾いていて地力が低くなっています。

そもそもの地力

地力の素材が無い

熱帯雨林気候は常緑広葉樹が分布しているため、
木の倒木が無い限りは腐食層を作り出すものがあまりなく、
肥沃な土壌のもととなる素材が少ない

土地に栄養が残りづらい

樹木の成長力が高温多湿のため、
少ないわずかの地力を吸い上げ、
栄養分が少ない土地になりやすい。

さらに、土壌中の少ない栄養物は、
多雨により酸性の雨が溶かして海へと流されていく。

これを溶脱といい、
有機物が土壌に残りにくいのです。

土壌に要らない成分が多い

熱帯土壌は溶脱されると、
水に溶けにくい無機物が溜まっていく。

それが鉄分であったり、アルミニウムの原料ボーキサイトであったりです。

土地が赤いのも鉄分やボーキサイトを含有しているためです。

鉄分が多すぎると、
植物は過剰障害を起こし、
ボーキサイトも負の作用を果たします。

ボーキサイトが多いので、
熱帯ではボーキサイト産出が多いです。

コメント

ja 日本語