原始的交通(ラクダ・リャマ・アルパカ・飛脚・駅伝制)

スポンサーリンク
交通・通信・貿易
この記事は約2分で読めます。

では、交通について知識を整理整頓していきましょう。

スポンサーリンク

駄獣交通

動物を使った交通を駄獣交通(だじゅうこうつう)といいます。

  • 農耕民族のウシ
  • 遊牧民族のウマ
  • 砂漠(北アフリカや中東)のラクダ
  • 南アメリカのリャマアルパカ

です。

ラクダ

リャマ

ラクダもリャマもアルパカもラクダ科の家畜です。

アンデス山脈や砂漠では厳しい環境です。
石畳の道路は設置できない訳ですね。

リャマは物を運ぶ荷役が中心でしょう。
アルパカの方は毛織物が原料です。

リャマで荷物を運ばせる。
アルパカで毛をむしる。

覚えておきましょう。

駅伝制

アッシリア | 歴史総合ドットコム
  アッシリアの名前の由来 セム系のアッシリアはティグリス川上流にあった最初の首都であるアッシュルまたは同名の天神アッシュルに由来する。 アッシリアのオリエント統一 アッシリア人は500m台の山に住んでいたため、下流域のような穀物
アケメネス朝ペルシアのオリエント世界の統一とその政策 | 歴史総合ドットコム
リディア王国、メディア王国、 新バビロニア王国、エジプト王国の 四王国分立時代の古代オリエントを統一したのは 4つの王国どれでもなく、 インド=ヨーロッパ語族の イラン系ペルシア人が建てた アケメネス朝(英語:Achaemenid Empi
オゴデイ・カン | 歴史総合ドットコム
オゴデイの即位 クリルタイで推されて、即位したチンギス・カンの第三子オゴデイ。 対金戦争 チンギス・カンの再開した対金戦争を継承し、 三方(オッチギンの左翼軍、オゴデイの中央軍、トゥルイの右翼軍)から金を攻略を試みる。 トゥルイvs金 12
イスラーム帝国の成立と繁栄 | 歴史総合ドットコム
"イスラーム帝国"の成立 アッバース革命 750年、ムハンマドの親戚の子孫である アブー=アルアッバースが イラン北東部のホラーサーンを拠点に、 シーア派の反ウマイヤ運動や マワーリー(アラブ人以外のムスリム)の協力を得て、 ウマイヤ朝によ

でもありますが、

世界史でも駅伝制が導入されました。
モンゴルでは1日で届く距離に、駅を設置しました。

日本でも飛脚制度が導入されて、
江戸時代では大阪・東京間では3日間で手紙が届きました。

コメント

$('img[usemap]').rwdImageMaps();