スポンサーリンク

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の建国と経済動向(チュチェ思想)

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

北朝鮮の成立

朝鮮民主主義人民共和国(以下北朝鮮)は、
1945年の日本の敗戦により、
ソビエト連邦の植民地になります。
1948年にソビエト連邦から独立して北朝鮮は成立しました。

スポンサーリンク

北朝鮮の経済

朝鮮民主主義人民共和国は、
ベルリンの壁崩壊移行も
社会主義体制と金王朝が続いています。

北朝鮮では過間伐のため、
干ばつが多く、度重なる洪水に襲われています。

また、農業の発展も遅れており、
度重なる飢饉にも見舞われています。
食糧不足が国際的に問題視されています。

しかし、
石炭や鉄鉱石などの地下資源が豊富なため、
中国やロシア、それにヨーロッパなどに対して、
輸出して外貨を稼いでいました。

また、北朝鮮は、
官営の重化学工業化が進められましたが、
資本力や技術力の不足、
植民地時代の生産設備の老朽化や、
エネルギー不足から
工業力は低いままです。

チュチェ思想

チュチェ思想(主体思想)は、朝鮮労働党が示した国内資源を活用し、自国の技術力による経済的自立を目指した指導方針のこと。

さらに、集団化を進めるために、
チョンリマ(千里馬)運動を通じて、
工業生産性向上を狙ったが、
より一層世界的孤立を誘致してしまった。

幻の北朝鮮版「一国二制度」

市場経済を試験導入するための特別行政区に指定された新義州シニジュは事実上凍結状態にあります。

コメント