人種島~フィンランドとハンガリー~

人種と民族
スポンサーリンク

人種島(じんしゅじま)というものがあります。

人種島とは、
周囲を他人種の居住地域で囲まれて孤立した、
特定人種の居住地域。

のことです。

 

ここでは、
ハンガリーとフィンランドの例をとって
見ていきましょう。

まずは、
ハンガリーです。

ハンガリーはかつてアッティラ王国を作り上げ、
アジアから移動してきた民族です。

彼らをフン族といいます。
(蔑称でもなんでもありません。)

メニメニ情報局!!
愛と勇気の知恵を武器にこの先を突き進め!なるべくわかりやすく書いているつもりです。難しい漢字にはよみがなもふってます。

その後、崩壊して、アジアから移動してきた退路を絶たれ、
今のハンガリーでフン族の後継の
アジア人種であるマジャール人は孤立していまいました。

そのまま時間経過したわけです。

フィンランドも同じです。
フィン人はフン族が名前の由来です。

フィン人もアジアから移動してきた民族ですが、
スウェーデンのゲルマン人とあとからやってきたロシア系の人種に
圧迫されます。

そうして孤立します。

ちなみに、
ハンガリーもフィンランドも
ゲルマン人に支配されていた時代があります。

ゲルマン人もロシア系人種も概ねヨーロッパ系人種なので、
彼らに包囲されたままなんとか生き延びたわけです。

現在は混血が進んでおり、
見た目は白人に見えるかもしれませんが、
人種島とは名ばかりで、
世界中で混血やボーダレス化が進んでおり、
きっちりとは分類できません。

おそらく人種問題で、
アパルトヘイト問題を取り上げますが、
あれは完全に人種島になっているので、
近い内に紹介したいと思います。

人種と民族
スポンサーリンク
スポンサーリンク
bellyanをフォローする
スポンサーリンク
地理への扉

コメント