ラテンアメリカの人種構成-人種のるつぼ-

人種と民族
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラテンアメリカとは?

ラテンアメリカとは、
ラテン系のスペイン・ポルトガル人に支配されたアメリカ

という意味です。

具体的にはメキシコから南の国です。

ラテンアメリカの先住民

では、ラテンアメリカにはどのような人種の人が住んでいたのでしょうか?

主な人種
人種の分類はさまざまな説があり、 いろいろな分類方法がありますが、 おおまかに分けると3種類に分けられます。 モンゴロイド(アジア系・黄人) ネグロイド(アフリカ系・黒人) コーカソイド(ヨーロッパ系・白人) の...

アメリカ大陸の先住民は、
上のリンクでも話したようにアジア系です。
アジア系ということはモンゴロイドということでもあります。
シベリアから北アメリカ大陸に渡った訳ですね。

このラテンアメリカの先住民たちを、
アラスカでは主にイヌイット、
北アメリカではアメリカインディアン、
中南米ではインディオと呼びます。

Indianの由来
1492年にコロンブスがアメリカ大陸に到達します。
コロンブスはインドについたものと思い込み、
そこの住民をIndianと死ぬまで呼んでいました。
その誤解が今日まで至ります。

一方、北米大陸に欧州からやってきた
コーカソイドの白人たちが引っ越してきました。

イギリス人をアングロサクソン族と呼びます。

ゲルマン民族の王国
西ゴート王国とフランク王国は別記事参照。東ゴート王国フン人征服時代過去記事参照。英雄テオドリック大王の時代人質時代わずか7歳で、東ローマ帝国の人質としてコンスタンティノープルのゼノン皇帝のもとに送られて宮廷で育った。ラテン語やギリ

そのため、カナダとアメリカの宗主国であった
イギリスの北アメリカではアングロアメリカという呼称があります。

ラテンアメリカの黒人

ラテンアメリカに住んでいるのは、
アジア系やヨーロッパ系の
モンゴロイドやコーカソイドばかりではありません。

中南米では、白人がプランテーションを経営します。
プランテーションとは、大規模な労働力を使った農業で、
工業や食品産業などに使われる商品作物を育てています。

そういった農園経営をするためには、
大量の労働力が必要になってきます。

それをアフリカから連れてきました。

奴隷船@国立アメリカ歴史博物館

アフリカ系のネグロイド=黒人です。

中米のハイチやジャマイカは黒人の割合が高い島国です。

そういった黒人の割合の高い国々が、
カリブ海にはたまに見られます。

人種のるつぼ

南米大陸は「人種のるつぼ」と呼ばれています。

るつぼというのは、
金属を溶かして混ぜ合わせるための入れ物のことです。

るつぼ@Minecraft millenaire

余談ですが、
銅と錫を混ぜると合金として青銅ができ、
マインクラフト界だとダイヤモンドが掘れるくらいまで、
強いです。

話を戻して、
南米大陸は、人種を混ぜ合わせる器なのだという
イメージと言っているわけです。

混ざるということは混血していく
ということでもあります。

メスティーソ・ムラート~南米大陸の混血人種~

インディオとヨーロッパ系の組み合わせは
メスティーソと呼ばれています。
これは人口の割合も多いです。

アフリカ系とヨーロッパ系の組み合わせは
ムラートと呼びます。

インディオとアフリカ系の混血を
サンボといいます。

また、このような混血が進んでいるため、
南米では人種的偏見は比較的弱いようです。

南米での差別
南米では、白人の血がいくら入っているかが重要と考えられがちです。
黒人とアジア系だと、黒人の方が上に見られることが多いようです。
人種と民族
スポンサーリンク
スポンサーリンク
bellyanをフォローする
スポンサーリンク
地理への扉

コメント