尖閣諸島をめぐる日中間のトラブル

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

日中間の EEZの中間線上に存在する尖閣諸島は

魚釣島など

5つの島と岩礁から構成されています。

スポンサーリンク

民主党政権時のトラブル

2010年9月

中国漁船の海上保安庁の船舶への衝突事件が発生しました。

菅直人政権は衝突ビデオを公開せず、中国人船長起訴猶予処分にし、
中国側は日本に非があると考え反日運動が激化されました。

2012年4月

ヘリテージ財団から支援を受けた石原慎太郎東京都知事が日本人地権者から都が尖閣諸島を買うことを表明。

さらに中国において反日運動が激化されました。

2012年9月

国が尖閣諸島を20億円で地権者から買い取りました。

コメント

$('img[usemap]').rwdImageMaps();