地形環境

大地形~古期造山帯~

古生代に激しい造山運動を受け、その後侵食された山地を古期造山帯(こきぞうざんたい)といいます。 古期造山帯とは古生代に大褶曲山地となったものです。 その後侵食されて、高度を下げました。 第三紀に断層作用による断裂を受けています。
地形環境

大地形~安定陸塊~

先カンブリア時代に造山運動を受け、 古生代以降は緩やかな造陸運動だけを 受けた地域を安定陸塊(あんていりくかい)といいます。
地形環境

大地形の分類

大地形と小地形 今回のメモ 大地形は内的営力によって作られます。 小地形は外的営力によって作られます。 内的営力とは? 内的営力(ないてきえいりょく)とは今までのマントル対流やプレートの動きのように、 地球内部のエネルギーによっ...
地形環境

プレートの境界③~ずれる境界~

以前、 プレートとプレートのつなぎ目のところで、 さまざまな変動が起こります。 とお伝えしました。 今回はそのうちの1つ、 ずれる境界について見ていきたいと思います。 ずれる境界 ずれる境界は 2つのプレ...
地形環境

プレートの境界②~狭まる境界~

前に、プレートとプレートの境界で さまざまな変動が起こることになるとお伝えしました。 今回はプレートの境界シリーズ第2段ということで、 狭まる境界についてお伝えします。 狭まる境界 プレートの境界が徐々に狭くなっていく...
地形環境

プレートの境界①~広がる境界~

プレートの境界で起こる活動の1つで、マグマが地上へ向かって吹きでたり、大陸と大陸が切り離される動きをするプレートの境界を広がる境界といいます。
地形環境

プレートテクトニクス理論とは?

1枚1枚のプレートが、マントル対流の上に乗っていて、 少しずつわずかに動いている。これがプレートテクトニクス理論です。
スポンサーリンク