地形環境

堆積平野~洪積台地について~

前回、堆積平野のお話をしました。 今回は堆積平野を構成する 洪積台地こうせきだいちについて見ていきましょう。 (洪積)台地とは? 以前、書いたように 洪積の由来となった洪積世というのは、 更新世の別名です。 ...
地形環境

大地形-新期造山帯-環太平洋造山帯

新期造山帯は、 中生代から新生代にかけて 造山運動を受けて形成された山地群でしたね。 新期造山帯には、 アルプス・ヒマラヤ造山帯 環太平洋造山帯 の2つだけが地球上に現在存在しています。 今回は...
地形環境

大地形-新期造山帯-アルプスヒマラヤ造山帯(山系)

新期造山帯は、 中生代から新生代にかけて 造山運動を受けて形成された山地群でしたね。 新期造山帯には、 アルプス・ヒマラヤ造山帯 環太平洋造山帯 の2つだけが地球上に現在存在しています。 今回は...
スポンサーリンク
地形環境

沖積平野~扇状地・氾濫原・三角州~

前回、堆積平野のお話をしました。 今回は堆積平野を構成する 沖積平野ちゅうせきへいやについて見ていきましょう。 沖積平野の構造 沖積平野の基本的な構造として、 上流から順番に、 扇状地せんじょうち→氾濫原はんらんげん...
地形環境

小地形-堆積平野-

侵食平野と堆積平野 以前、投稿した 準平原や構造平野というのは 大地形上の平野でした。 これらをまとめて侵食平野といいました。 先カンブリア時代からの大きな造山運動で、 非常に険しい山が海上にでて、 陸地を形成...
気候・植生・土壌

大気の循環~低圧帯と高圧帯~

前回、 において、 降水量が多い原因は上昇気流だといいいました。 上昇気流の起こる原因は、 低気圧があるからとお伝えしました。 ここでは、 地球上の気圧帯がどういうふうに分布しているか、 考えるプロセス...
気候・植生・土壌

雨はどうして降るのか?~雨が多い地域と少ない地域~

前回、 気候要素の1つ、気温について見ていきましたが、 今回は、降水量について見ていきたいと思います。 雨が多い地域か少ない地域かは、 緯度や経度だけで決まるようなものではありません。 もう少し条件があります。...
気候・植生・土壌

日較差と年較差~陸では大きく、海では小さい~

日較差とは? 日較差にちかくさとは、 一日の間の最高気温と最低気温の差のこと です。 たとえば、 大阪の天気が 最高気温26℃、最低気温14℃だったとします。 すると、26-14で12℃となります。 一般...
人種と民族

ラテンアメリカの人種構成-人種のるつぼ-

ラテンアメリカとは? ラテンアメリカとは、 ラテン系のスペイン・ポルトガル人に支配されたアメリカ という意味です。 具体的にはメキシコから南の国です。 ラテンアメリカの先住民 では、ラテンアメリカにはどのような人種の人が住ん...
関東地方

関東地方の気候

前回、関東地方の地形について見ていきました。 今回は、関東地方の気候について見ていきたいと思います。 関東地方の気候 太平洋側の気候に属し、 夏は雨が多いです。 冬は北西の乾燥した季節風が 新潟県方面の山地から吹...
スポンサーリンク