スポンサーリンク

時差を求める問題の解き方-日付変更線を越えるかが鍵-

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

高校受験にほぼ確実に出てくる
時差を求める問題について考えてみましょう。

スポンサーリンク

なぜ、15°で1時間の時差か?

地球の時間の進み方は、
なぜ、15°で1時間ずつズレているのでしょうか?

それは、地球の自転と呼ばれる、
地球が自分で左まわりにくるくる回っているからですね。

地球の自転が1周するのに必要な時間を24時間ということにしました。

地球は丸いですが、
楕円形です。

しかし、赤道で、
地球を上下に分けると、
ほぼ円だということが言えます。

円ということは、ぐるっと一周360°ですから、
360°動くのに必要な時間は24時間です。

つまり、
360°÷24時間=15°/1時間

ということが言えます。

よって、
地球は15°で1時間の時差があると言えます。

スポンサーリンク

時差を求める問題は15の倍数の経度がほとんど。

時差を求める問題はまず15の倍数しか出てこないと言って言い過ぎではないと思います。

時差を求める問題は、

  • 15
  • 30
  • 45
  • 60
  • 75
  • 90
  • 105
  • 120
  • 135
  • 150
  • 165
  • 180

このような数字しかほぼ出てきません。

あとは、
東経か西経かというだけですね。

時差を求める問題

東京とロンドンの時差を求める問題

たとえば、簡単な時差を求める問題の場合、
日付変更線を越えないようになっています。

ロンドンと東京の時差について見ていきましょう。

ロンドンは経度0°地点ですから、
東京は東経135°です。

時差を求める計算式は、
15°で1時間時差があるのですから、
135°÷15°/1時間=9時間
ということが言えます。

東京とニューヨークの時差を求める問題

東京は東経135°でしたが、
ニューヨークは西経75°です。

解き方には2つあります。
これを覚えておくと良いでしょう。

ロンドンパターン

ロンドンをまたぐパターンです。

135°+75°=210°
210°÷15°/1時間=14時間差

と求めるパターンが存在します。

しかし、これだと日付が面倒な時があります。

たとえば、
1日に14時間以上またいでいる時です。

親切な問題は、同じ日に14時間かかるようにしていますが、
嫌らしい問題は、日付をまたぎます。

日付変更線パターン

引き算パターンも面倒ですが、
覚えておくと良いでしょう。

まず、日付変更線までの時間をそれぞれ求めます。

東京…180°-135°=45°
ニューヨーク…180°-75°=105°

で、この2つを足します。

すると、150°ですから、
150°÷15°/1時間=10時間
になります。

この場合は、
日付変更線をまたぐので、
東京からニューヨークに行く場合は、
日付を1つ減らし、
ニューヨークから東京に行く場合は、
日付を1つ足したらいいです。

この日付変更線パターンを採用する人は、
計算に自信がない人が使うといいでしょう。

15の倍数を12まで言える人は、
ロンドンパターンの方が楽ですが、
計算に自信が無い場合は、
日付変更線パターンを使うといいでしょう。

また、東京からニューヨークに行く場合でも、
時差に関しては、ロンドンを通ったことにしたらいいです。

時差を求める問題のまとめ

東経東経・西経西経パターン

東経と東経の時差の場合や、
西経と西経の時差の場合は、
引き算で計算してください。

大きな経度から小さな経度を引いて15で割って計算してください。

東経西経パターン

東経西経パターンは、
足し算で遠回りして計算してもいいですし、
日付変更線を超えて計算してもいいです。

時差がだいたい大きいです。

コメント

$('img[usemap]').rwdImageMaps();$('.widget_categories > ul > li.cat-item > .cf').attr('href','javascript: void(0)');$('.widget_categories ul li.cat-item > .cf').click(function(){$(this).toggleClass('active');$(this).next('.widget_categories ul li.cat-item > ul.children').slideToggle()});