スポンサーリンク

オランダ王国の地誌-自然環境と産業政策-

ヨーロッパ
EPSON DSC picture
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

オランダは
正式名称Kingdom of Netherlandsといいます。

オランダという呼び名は、
ネザーランドの短縮形でしょう。

of含めての呼び名で、
キングダムオブネザーランドの
オブネザーランドの部分が、
短くなってオランダになったのでしょう。

別にオラの土地だからではないです。

ネザーランドは低い土地という意味です。
ライン川とマース川の河口に位置する肥沃なデルタ地帯です。

三角州の種類と特徴: 鳥趾状、円弧状、カスプ状三角州の解説
三角州の詳細な解説。鳥趾状、円弧状、カスプ状三角州の特徴や形成過程をわかりやすく説明。」

国土の25%は海面より低い土地になっており、
地球環境悪化による海面上昇を気にしている国でもあります。

スポンサーリンク

オランダの干拓地の歴史

13世紀頃から干拓地とよばれる、
いわゆる日本の大阪の梅田や東京の港区のような
埋め立てた土地が広がっています。

日本では干拓地といえば、
秋田県の八郎潟干拓地が有名ですね。

1932年にゾイデル海開発が行われました。
ゾイデル海の入り口に大堤防を建設して、
外海と内湖を分け、
湖内には4つの干拓地を作りました。

日本人向けに言うと、
瀬戸内海を封鎖して、
さらに瀬戸内海で数カ所埋め立て工事を行った
みたいな感じです。

排水の動力源になっているのが、
風車です。

現在では風力発電としても、
利用されています。

オランダといえば、
風車とチューリップですね。

EPSON DSC picture

また、
風車は小麦の
製粉工場としても
利用されてきました。

麦はそのままでは食べられないので、
風車で小麦粉にするのです。

アジア風に言えば、
水車のそばひきみたいな感じです。

スポンサーリンク

オランダの産業

オランダは土地が大きくはないことが、
コンプレックスでした。

日本人は日本のことを小さい国だと、
謙遜して言いますが、
日本はフランスとスペインとスウェーデンとノルウェー以外よりは、
大きいので、決して小さい国ではないのです。

この4つはクイズに出ます。

狭い土地だったので、
貿易して輸出でお金を外から稼いでこようと
考えた訳です。

オランダの農業・畜産業

オランダでは、
アイデア力を生かした農業が展開されており、
ワーヘニンゲン大学は地球農学部ランキングで世界一の大学として知られています。

オランダ農業は土地生産性も労働生産性もともに高い、
農業が行われており、
施設園芸が盛んに行われています。

オランダ農業には多額の予算が注ぎ込まれており、
農業の師弟制度など充実している国です。

ポルダーと呼ばれる干拓地では、
酪農が行われています。

バターやチーズという加工乳業が盛んで、
近年では近隣諸国の大都市への輸出が大勢です。

また、
近年では、農業の自動化の先進国として知られており、
AIやロボット、
大規模な自動収穫機などを用いた、大型施設園芸農業が展開されています。

男が夢見るハーレムの語源となった、
ハーレムやライデンなどが位置する南西部の
そのまんまウェストランド地方では、
海岸のミネラル豊富な土地で花卉の栽培が盛んです。
オランダのアールスメール花市場は、
地球最大の花卉卸売市場として知られています。

オランダの鉱業

オランダは国土面積が狭いので、
資源もあまり少ないと思いがちですが、
天然ガスの産出が非常に多いです。

北海に面しているからです。

イギリスの項でもお伝えしましたが、
北海には油田や天然ガスが多くあります。

日本も海底に資源があるかもしれませんね。

なので、
1次エネルギーの供給構成も天然ガスが1番多く、
39.2%となっています。

EUの輸出港「ロッテルダム」

ライン川河口のロッテルダムは、
ヨーロッパ最大の港を誇る都市として知られています。
ロッテルダムは石油化学工業が発達しています。

特に新マース川河口に建設された、
ユーロポートはロッテルダム港の中心で、
ロッテルダムの港といえば、ユーロポートという風になっています。

オランダのその他

アイントホーフェンの機械工業

アイモイデンの鉄鋼業などが有名です。
鉄鋼業の愛も遺伝とおぼえてください。

コメント